Q&A

Q ヤスダヨーグルトの原料の「生乳」って何?

A 搾りたての牛の乳=生乳には、牛の赤ちゃんを人間の約3.8倍のスピードで育てる栄養素がたっぷり入っています。 お母さんのお乳がベストバランスの食品と言われるように、搾りたての牛の乳も全てのビタミンを含んだ完全栄養食品です。
「脱脂粉乳」はこの生乳を原料に、乳脂肪分と水分を除去し粉末状にした「乳製品」です。ヤスダヨーグルトでは省令に合わせるため乳製品を微量使用しますが、生乳100% で十分な美味しさが完成されています。
搾りたての「生乳」の栄養をそのままおいしくヨーグルト化することにヤスダヨーグルトは成功しています。



Q ドリンクヨーグルトのさわやかな甘さの秘密は?

A 糖類の中で最もエネルギー源として利用されるブドウ糖。さわやかな甘味でショ糖の70%程度の甘味。甘味を増すため果糖と混合します。その甘味を新潟県の特産品・「二十世紀梨」の糖度を近づけました。
しつこくなくさわやかな自然が創り出す甘味は、ヨーグルト特有の酸味とマッチして乳製品の苦手な方にもお楽しみいただけます。



Q ヤスダヨーグルト(ドリンク・プレーン)の容器の材質は、何でできていますか?
分別ゴミとしては、どのような扱いになりますか。

A ヤスダヨーグルトの容器の材質は、ポリエチレン樹脂となっております。分別ゴミとしては、「プラスチック容器」の扱いになりますので、市町村の区分に従い分別下さい。ポリエチレンは、水素と炭素のつながったものでありそれ自体は、燃焼させてもダイオキシンなどの有害物質は、排出されません。



Q 品質保持期限の過ぎたヨーグルトは、
飲めませんか(食べられませんか)?

A 品質保持期限が過ぎてしまったからといって、すぐに商品が腐ってしまうものではありません。しかし、保存状態(冷蔵庫の温度など)により発酵がすすみ、酸度が増したり風味が変わったりすることがありますので、できるだけ品質保持期限内にお召し上がるようお願いします。なお、品質保持期限は、開封後の期限ではありませんので、開封後は表示条件に従い保存いただき、2〜3日でお召し上がりになることをお勧めします。



Q ヨーグルトの上部にみられる液体はなんですか?
また、クリームのような白い固まりがあることがありますが、なんですか?

A ヨーグルトの上部にみられる透明な液体は、ホエイ(乳清)と呼ばれるもので牛乳の栄養成分(タンパク質、ミネラル、ビタミンなど)が含まれます。また、クリームのような固まりは、牛乳中の脂肪の固まったものです。
品質的には、全く問題はありません。どちらも捨てずによく混ぜ合わせてお召し上がり下さい。



Q ヤスダヨーグルト(ドリンク)は、季節により味が違う気がします。なにか違いがあるのですか?

A ヤスダヨーグルトでは、季節により味や製造方法を変えているということはありません。ただ安定剤等を使用しておりませんので、季節による生乳の微妙な味の変化により風味が変わってしまうということはあります。



Q ドリンクヨーグルトは、一日どのくらいの量を飲んでも大丈夫ですか?

A 特にきまりはありません。その人、その人の個人差がありますので、体調や年齢にあわせて飲んでいただければと思います。
ヨーグルトの良好な効果を期待するためには、一度にたくさん飲むのではなく毎日継続して飲んでいただくことが大切です。